海外拠点

”あん”を世界に広めたい。

イメージ画像昭和54年(1979年)に中国に技術者を派遣し、現地で本社工場同様の"あん"を供給してまいりました。40年近くの時が流れても「お客様に信頼される"あんづくり"」の精神は現在まで脈々と活き続け、品質にこだわるお客様にもご満足いただける、安心・安全な製品作りを行っております。現地工場での品質管理に重点を置いた私たちの技術指導の成果が認められ、これらの製品は、日本だけではなく、東南アジア地域にも販売を拡大し、「"あん"を世界に広めたい」という願いに向かって踏み出しております。

    社訓に掲げる通り「誠実」な製品作りを目指しております。

    現地では、原料産地から納品まで一貫した管理体制でお客様へ製品をご提供させて頂いております。
    厳選された小豆は工場へ運ばれ技術者の手で"あん"になり、日本、そして"あん"文化のある国へ更に、
    "あん"を初めて食べる国々にお届けしてまいります。

    1.小豆畑

    画像識別した圃場で小豆を栽培します。私たちは定期的に産地へ赴き小豆の栽培状況を確認しています。

    2.精選

    画像産地で畑の石や異物を取り除きます。

    3.原料豆受け入れ

    画像産地から直接工場まで納品されます。納品後、再び精選し豆の異物を取り除きます。

    4.製餡

    画像日本と同じ工程を経て餡を練り上げます。

    5.検査

    画像状態、糖度、微生物などの検査をします。

    6.出荷

    画像工場でコンテナに積み込まれます。

    7.中国出港

    画像日本各港へ出港します。

    8.日本到着

    画像コンテナ到着後、日本各倉庫へ運ばれます。

    9.保管・出荷

    画像各地へ配送されます。

     

  1. 品質管理体制

  2. 証書

    現地での製品の安心・安全を担保するため、当社の技術者が品質管理、技術指導を行うとともに、現地工場では食品安全に特化した国際規格であるISO22000(食品安全マメジメントシステム)の認証を取得しております。また、イスラム文化圏のお客様にも安心してご提供させていただけるようにハラル認証を取得しております。

このページの先頭へ